ふすまの音が気になる!キュルキュルうるさい開閉音を解消する方法を紹介します

ふすまの音が気になる!キュルキュルうるさい開閉音を解消する方法を紹介します

ふすまや障子など、鴨居と敷居の溝にスライドさせるタイプの引き戸は、開閉時に摩擦が生じ、その摩擦が原因で音が発生します。

このキュルキュル音は騒音トラブルの原因にもなるため、悩まされている人も多いです。そこで本記事では、ふすまのキュルキュルうるさい開閉音を解消するための方法を詳しく紹介します。

ふすまからキュルキュル音がする原因は2つ

ふすまからキュルキュル音がする原因は2つ

ふすまからキュルキュル音がする原因は、主に摩擦による現象です。摩擦が大きいほど音も大きくなってしまいます。

ここでは、摩擦をひどくしてしまう要因を2つ解説します。

  • ゴミが溜まっている
  • 老朽化

それぞれの内容について詳しくみていきましょう。

1.ゴミが溜まっている

ふすまは頻繁に開閉するため、家の中のホコリや髪の毛などを巻き込んでしまうことが多いです。

ゴミが溜まると余計な摩擦が生じ、キュルキュルという音の原因になります。そのため、敷居やふすま周辺を定期的に掃除し、ゴミを溜めないようにすることが大切です。

また、扉本体の下部に小さな車輪が付いた戸車式タイプの引き戸は、スライド時にガタガタ・ゴトゴトと音がすることがあります。この原因は、戸車に汚れが溜まり車輪がうまく転がらないためです。

こちらも定期的に掃除することで、車輪がスムーズに転がり音が軽減されます。

2.老朽化

ふすまや引き戸がキュルキュルとうるさい原因には、老朽化も挙げられます。

どんなものでも古くなるとガタが来てしまうものです。木枠がささくれていたりすると、摩擦がひどくなります。特に築年数の長い物件では、引き戸の音が発生しやすいです。

引き戸の音が気になる場合、溝部分や引き戸自体がすり減っている可能性があります。これらの部分をチェックし、必要に応じて修理や交換を検討してください。

ふすまのキュルキュル音を解消する5つの方法

ふすまのキュルキュル音を解消する5つの方法

続いて、ふすまのキュルキュル音を解消する方法を紹介します。主に次の5つです。

  • 方法1.ゴミを取り除く
  • 方法2.ロウソクを塗る
  • 方法3.専用テープを貼る
  • 方法4.潤滑スプレーを吹きかける
  • 方法5.戸車を交換する

項目ごとに詳しくみていきましょう。

方法1.ゴミを取り除く

まず、ロウソクやテープなどの対策をする前に、しっかりと掃除しましょう。ゴミが溜まっている状態では、どんな対策も効果が半減します。

ホコリや髪の毛が引き戸に絡まることで余計な摩擦が生じ、キュルキュルとうるさい音が発生します。これらのゴミをしっかりと取り除くことが、音の解消に繋がります。

方法2.ロウソクを塗る

引き戸のキュルキュル音の原因である摩擦を減らすために、効果的なのがロウソクです。使い方は簡単で、ロウソクを引き戸の溝に塗るだけです。

ロウソクは100円均一でも手軽に購入可能です。

なお、ローラーが付いているタイプの引き戸には、ローラー部分にもロウソクを塗るとスムーズな動きを促し、キュルキュル音を解消することができます。

方法3.専用テープを貼る

木枠が老朽化してささくれている場合、ロウソクを塗るだけでは効果がありません。

そんな時は、ふすまの溝専用のテープを使って補修しましょう。この専用テープは、ふすまの溝に貼るだけで簡単に補強ができます。

専用テープの購入先は、ホームセンターやネット通販などで手に入ります。また、戸が閉まる音を抑えるテープも併用すると、さらに騒音防止効果が高まるのでおすすめです。

方法4.潤滑スプレーを吹きかける

戸襖は和襖に比べて重量があり、敷居の磨耗も早く進みます。

戸車が古くなり芯棒のサビや磨耗、摩擦によってキュルキュル音が発生している場合は、潤滑スプレーを吹きかけましょう。潤滑スプレーを使用することで、戸車の回転がスムーズになり、引き戸の音や開閉の重さを軽減することができます。

方法5.戸車を交換する

戸車は永久的なものではなく、使用頻度が高いとその分摩耗や劣化します。結果、戸車の回転が悪くなり、引き戸の開閉が重くなるのです。

上記の解消方法を試してもキュルキュル音が直らない場合は、戸車の交換をおすすめします。なお、次のページでは、戸車の交換・修理にかかる費用の目安を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:戸車の交換・修理にかかる費用の目安とは?交換・修理におけるポイントや業者に依頼する際の流れも解説!

ふすまのキュルキュル音でよくある3つの質問

ふすまのキュルキュル音でよくある3つの質問

最後に、ふすまのキュルキュル音でよくある質問にお答えします。

  • 質問1.ふすまのキュルキュル音におすすめのグッズは?
  • 質問2.勢いよく閉まるふすまの音は解決できる?
  • 質問3.自分でふすまを取り替えられる?

それぞれ詳しくみていきましょう。

質問1.ふすまのキュルキュル音におすすめのグッズは?

ふすまのキュルキュル音におすすめのグッズを2つ紹介します。

1.建築の友「すべロウ 敷居用 硬質ろうタイプ SR-01」

1.建築の友「すべロウ 敷居用 硬質ろうタイプ SR-01」

出典:Amazon | 建築の友 すべロウ 敷居用 硬質ろうタイプ SR-01

ふすまや障子がスムーズに動く「すべロウ・敷居用」は、溝の深さを変えずに木の風合いを保ちながら、長期間滑りを持続させます。使用方法は簡単で、塗るだけで効果が得られます。さらに、汚れ防止にもなる便利なアイテムです。

2.KURE「シリコンスプレー(420ml)」

2.KURE「シリコンスプレー(420ml)」

出典:Amazon | KURE [ 呉工業 ] シリコンスプレ- (420ml) [ For Mechanical Maintenance ] 潤滑・離系剤 [ KURE ] [ 品番 ] 1046

素材の表面に皮膜を形成し、滑りをよくする潤滑スプレーです。アルミサッシだけでなく、ふすまや障子などの木製敷居にも使用できます。レールにひと拭きするだけで、スムーズな動きを取り戻します。

使用するときは、窓を開けて十分に換気をしましょう。また、スプレーの飛び散りを防止するために、周囲を養生テープなどで保護してから使用すると安心です。

質問2.勢いよく閉まるふすまの音は解決できる?

上記の解消方法でふすまの動きがスムーズになり、スライド時の摩擦音が軽減されたとしても、今度は勢いよく閉まる戸が壁にぶつかり音が大きくなってしまうことがあります。これでは本末転倒です。

この問題を解決するには、防音テープをふすまの小口(側面)に貼ると、ぶつかるときの音を軽減できます。なお、防音テープはホームセンターやネット通販で購入可能です。

質問3.自分でふすまを取り替えられる?

ふすまや引き戸そのものを交換したい方におすすめなのが、DIYドア通販本店が販売している「工事いらずのリフォーム建具」です。工事いらずのリフォーム建具では、既存の枠はそのままに付け替えられるため、名前のとおり工事をする必要がありません。

リフォーム費用を抑えたい、業者に依頼せずに取り替えたい方は「工事いらずのリフォーム建具」の利用をぜひ検討してみてください。

まとめ

まとめ

ここまで、ふすまのキュルキュルうるさい開閉音の原因や解消方法を詳しく紹介しました。音の原因は摩擦によるものです。

日常的な戸の開け閉めにより、ふすまや引き戸はやがて劣化していきます。そのため、キュルキュル音はなかなか避けられるものではありません。

しかし、放っておくと自分自身のストレスだけでなく騒音トラブルの要因にもなります。この記事で紹介した解消方法を参考に、ふすまのキュルキュル音へ対策を施しましょう。

なお、次のページでは、簡単なDIYで引き戸をリメイクする方法について解説しています。
関連記事:引き戸のリメイクでお部屋の印象がガラリと変わる!DIYアイデアを紹介します!

関連記事